What's New?

2017/09/19

P-JET Web リニューアルオープンしました!

PRRS撲滅チームJAPAN(PRRS JAPAN ELIMINATION TEAM:以下P-JET)は、 リーダーを大竹聡を中心に全国各地の現場でPRRS撲滅に取り組む獣医師や研究者らが、産官学の垣根を越えて集まり2011年7月にスタートさせた有志組織です。

日本では1990年前後に初めて症例が認められたPRRS(Porcine Reproductive and Respiratory Syndrome:豚繁殖呼吸障害症候群)。
経済的打撃が極めて大きく、日本の養豚産業が被る損失は年間280億円とも言われています。

P-JETの活動目的は、PRRSという疾病、その撲滅に必要な技術やノウハウに関する情報を必要としている方々に正しく理解していただくことで、関係者が結束してPRRSコントロールに立ち向かえるようサポートすることにあります。そのために、以下の2つを活動の二本柱としています。

  1. 「PRRSコントロール・撲滅を実施・推進するための、行動して結果を出す、産官学連携チームを構築する」
  2. 「現場でのPRRSコントロールおよび撲滅の実践・推進をサポートする」
BioAsseTとは:
農場のバイオセキュリティレベルを数値化し客観評価するための、バイオセキュリティ査定ツールです。
“Asset”という言葉には、「財産、資産」という意味があります。
「バイオセキュリティを向上させることは、各農場にとって、そして養豚業界全体にとって、かけがえのない財産・資産となる」という考えのもと、P-JETで作成しました。

お問い合わせ

PRRS撲滅推進チームJAPAN(P-JET)事務局
info@site-pjet.com